Together Through Life

 

素敵な道中を


珍しく思いもよらない残業を珍しくイライラしながらこなし、あぁこりゃ間に合わないなぁと思いつつ19時20分頃退社。
急ぎ足で千駄ヶ谷まで向かったものの、会場到着はスタート時間から30分ほど経った20時半頃。
今夜は友人Kちゃんのウェディングパーティー。会場はshizen
到着して2階に上がるとすでにたくさんの着飾った人でごった返している。しかも、Kちゃんの旦那さんがイギリス人なものだから、日本人外人入り乱れての立食パーティー、というよりParty。
受付を済ませると人ごみの中から土田くん登場。誘導されて奥に行きryuuくんと合流。お腹が空いていたのでまずは食事にがっつき、隙を見てKちゃんに祝福の挨拶を。
Kちゃんの人柄を表すようなたくさんの人。そして、幸せ絶頂にいる人特有の、素敵な笑顔。
やっぱりウェディングパーティーは幸せ気分をもらえる。

ryuuと座り込んで話したり、新しく出会った人と立ち話をしたり、トイレ待ちの空間で旦那さんGの友人のイギリス人と緊張しながら英語で少し話したりして、帰り道々、人生の道程のことなどについてぼんやりと思う。
転機とか節目とか言うけれど、それは数ある交差点の中でも大きな交差点であって、僕らが歩んでいるそれぞれの道にはもちろん他にもたくさんの分かれ道がある。大きな道や小さな道、歩きにくい道や急な坂道。一人で歩く道、ふと他人の道と交差して、その瞬間からその人と歩き出す新しい道。
大きな交差点に差し掛かったとき、どちらに進むか思い悩むのも当然だけど、そこでいつまでも立ち止まっているわけにもいかない。もし失敗だったとしても、道はまだまだくねくねと入り組んで進んでいく。次の小さな路地を曲がってみると、元の道に戻れるかも知れない。そんなの、行ってみなきゃ分からない。
だから、赤毛のアンのように、交差点があったら「えいや!」と曲がってみる。その先には、どちらにしてもこれまで経験したこともない新しい出来事が待っている。そして、それが素敵なものであればいいな…。
そう思って、進んでいきないなぁ。
なんて、なんでこんなこと考えたんだろ…。

Kちゃんの道がGと交差して、二人で歩むこれからの新しい道が素晴らしい道中でありますように。

おめでとう!

 

« »

03 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter