Together Through Life

 

カメコが笑った日


Theatre劇団子から作・演出でI氏が、役者として友人のA君が出演しているWHATCOLORという劇団の『カメコが笑った日』を目白で観劇。4年前にTheatre劇団子で上演した芝居の再演だが、彼等らしい熱い舞台。
伝えたいことは分かる。ただ、その狙いがあまりにも小さい隙間を通そうというものなので、通ったときには大傑作なんだろうけど、通らなかったときは全てが崩れてしまう。今回は残念ながら後者になってしまっているのでないか。
何かが(もしかしたら全てが)少しずつずれていてバランスを失い、空回る。伝えるべきメッセージは後ろに見え隠れするものの、障害となるものが多過ぎて見えない。
それぞれの役に確かなキャラクターが見当たらず、誰にも感情移入できないまま、右往左往しているうちに終わってしまった。
すごく大きなチャレンジだとは思うけれど、舞台上でそれが結果として表現されていないと何にもならない。そういうお芝居は観ていて残念だし、何より歯がゆいし、もったいない。うん。もったいないなぁ…。

 

« »

01 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter