Together Through Life

 

フェルメールとレンブラント

IMG_9023 (375x500)

昨夜、中国からの客人を接待して、そのままお台場の会員制ホテルの一緒の部屋に(!)宿泊。今朝はそのまま展示会に行くというので分かれ、その足で久しぶりに美術展に行く。森アーツセンターギャラリーで開催中の『フェルメールとレンブラント-17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展』。
風景画、建築画、海洋画、静物画、肖像画、風俗画とテーマ毎に展示されており、その全てに言えることはオランダ17世紀の作品はその光の描写が素晴らしく、だから同時に影も描かれ、その2つが織りなす何とも言えず絶妙な調和と均衡が作品の質を高めているということ。
でも、観ているうちに自分の中では「やっぱりこの時代のオランダの絵は個人的に特に好きではないなぁ」というものだった。
だったらどうしていつもフェルメールでは立ち止まってしまうのか。どうして自分の中でフェルメールだけが特別なんだろう。今回展示されている『水差しを持つ女』の前で佇み、しばしそんなことを考える。
たぶん一つにはその色彩と構図の完璧さが理由にあると思う。それと…、フェルメールの絵は同時代の中にあって特に明るい。フェルメールの光はやはりスペシャルなのだ。その「光」の明るさと、「女」の醸し出す空気、表情が特別な物語を語っている。
生きているうちに全作品を生で観たいなぁ。

関係ないけど、六本木ヒルズでは何かとのコラボでジープが展示されていた。

IMG_9020 (500x375)

ラングラー・アンリミテッド!最高やな。
やっぱり次はこれやな。

 

絵の住処

パートナーが子供たちを連れてannが保育園で一緒だったお友達の家に遊びに行ったので、思いがけず1人の日曜日。以前から行きたかったDIC川村美術館へ行ってみる。
駐車場に車を停めて、広い庭園を歩く。白鳥もいる。

IMG_6670 (500x375)

なかなかに非日常的な空間で気持ちも穏やかに静められる。
とても久しぶりに美術館に来たけれど、やっぱり良いもんだ。

IMG_6671 (500x375)

開催中の美術展は『絵の住処-作品が暮らす11の部屋-』。美術館にあるそれぞれコンセプトの異なる11の展示室に、美術館が所有する絵画や彫刻、オブジェがテーマごとに展示されている。作品をいかに見せるか、観る人と作品をしなやかに結ぶために敢えてその空間に着目した展覧会。
かなり空いているその空間を、ゆっくりと歩きながら作品と空間が融合して紡ぎ出す魅力を満喫する。レンブラントの「広つば帽を被った男」はその1作品だけが展示されている部屋。落ちついたその空間に、いつまでもいたくなる。
美術館のあり方、作品の展示、それを観るときに自分がいる空間、空気を改めて考えさせてくれるなかなかに面白い企画展だった。

 

若冲と蕪村

exhibition_visualm (500x314)

久しぶりに美術展へ。サントリー美術館の企画展『若冲と蕪村-生誕三百年 同い年の天才絵師』に行ってきた。
日本画がすごく好き!ってわけでもないのだけれど、初めて若冲の絵を観たときには衝撃が走った。今回久しぶりに観てもそう。蕪村も良いが、こうやって並べて展示されると若冲のすごさが際立つ。
陰と陽、濃と淡、柔と剛、繊細と大胆といった相反する要素が、ことごとくこの上ないバランスの上に構成される。描かれるのは今にも動きだしそうな、語り掛けてきそうなリアルと極限のデフォルメ。すごい。

それにしても六本木とか久しぶりに来た。

IMG_4855 (375x500)

やっぱりたまにはこうやって1人で楽しむのも良いもんだ。

 

江戸東京

出張や海外からの客人との同行旅行やらで休日出勤した分の代休のため、本日お休み。
昼まで仕事だったパートナーを迎えに行き、両国へ。蕎麦の有名店「ほそ川」で、ちょっと贅沢ランチ。



確かに蕎麦はコシがあって美味しく、穴子の天ぷらもほくほくだったけれど、やっぱり少々お高めかなぁ。秩父に行けばだいたいこれくらいの蕎麦がもっと安く食べられる。

お腹が満たされたあと、初めての江戸東京博物館へ。
まずは黒田官兵衛展を。

00082267.jpg

パートナーも僕も今年の大河ドラマ『軍師 官兵衛』は毎週楽しみに観ている。なので、その連動企画展も大いに楽しめ、大河の今後の展開がさらに楽しみになった。やっぱり戦国時代って面白いなぁ。

その後常設展へ。
江戸時代から戦後まで、模型や複製、ときには本物の資料がたくさん展示してあり、日本の、特に東京の変遷が見られて予想通り楽しい場所だった。

IMG_0003.jpg

IMG_9998.jpg

IMG_9999.jpg

IMG_0002.jpg

パートナーは東京生まれの東京育ちの江戸っ子だし、僕は東京に複雑な対抗心を抱きながらも大っぴらには言えない憧れも隠し持っている関西人。だから、やっぱり東京の街は好きなんですよ。大正時代の銀座なんて歩いてみたかったし、江戸時代や戦前なんかの長屋にも興味がある。芝居小屋や遊郭なんてのも。どこの地方にもあるものでも、やっぱり江戸、東京だと粋に感じるもので。

日曜日に続き子供抜きでの夫婦デート。そんなにしょっちゅうできるもんでもないし、そんなにしょっちゅうなくても良いんだけど、やっぱり大人だけで楽しめる場所にもたまには行きたいのです。

 

赤毛のアン展



夕方、仕事終わりのパートナーの待ち合わせをして日本橋三越でやっている『モンゴメリと花子の赤毛のアン展』へ。
何度も書いているけれど、パートナーも僕も大のアン好き。明日が最終日だというので、まさに滑り込み。
今NHKの朝の連ドラで『花子とアン』を放送している(もちろん観ている)関係か、展示はモンゴメリや村岡花子の原稿やその生い立ちにまつわるものが多い。でも、やっぱりモンゴメリがアンを生み出す瞬間、村岡花子が『赤毛のアン』に出会ったとき、それぞれに胸が高鳴り、その誕生と出会いに感謝する。アンに、会わせてくれてありがとう。

少しお茶して子供が待つ家へ。
久しぶりにプチデート気分も味わえ、楽しかった。

 

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter