Together Through Life

 

アイデンティティー

20160617143014 (500x333)

会社の子がおススメだというので、14年前くらいの作品だけどジェームズ・マンゴールド監督『アイデンティティー』を観た。
嵐の夜に田舎のモーテルに偶然集まった10人の男女。彼らが順番に1人ずつ残虐に殺されていく過程と、別の場所での謎の話し合いが同時進行で描かれる。順番に殺されていってこの中に犯人がいる!?っていうよくあるパターンかと見せかけて、最後のネタばらしでは驚かされた。
こういう映画って展開がパターン化しているだけに途中の見せ方とオチが大事だと思うんだけれど、どちらも充分。楽しませてもらい、驚かされた。

 

二週に渡って

今年はallenの5歳の七五三。神社へは来週行くことにしていて、今日は写真館での撮影。もちろん、ばあことじいじとばあばも呼んで。

IMG_6200 (375x500)

ついでといっては何だけれど、今年10歳になったannのハーフ成人式も一緒に撮影してもらう。

IMG_6206 (500x375)

IMG_6211 (375x500)

洋装も。

IMG_6231 (375x500)

IMG_6219 (2) (375x500)

allenはやっぱり緊張気味で、カメラマンがあの手この手で笑わせようとしてくれるんだけど、なかなか笑えない。でも頑張ってポーズ取ってた。声出すと身体も一緒に動いちゃってたけど。
でも、色んなシチュエーションで撮られて、

IMG_6223 (375x500)

その全てが微笑ましく愛らしい(←親バカ)。

お昼前の着替え、メイクから夕方の写真選びまでほぼ丸一日。頑張ったね。
来週の本番も楽しみ。

 

がらくた

友人ママがサザンオールスターズのファンクラブに入っていて、桑田佳祐のソロツアー『がらくた』の東京ドーム公演のチケットを取ってくれて、念願の桑田佳祐ライヴに行ってきた!

IMG_7503 (500x375)

席は少し遠かったけれど、充分。桑田佳祐と同じ空間であの歌たちを生で共有出来る瞬間にワクワクする。

IMG_7505 (500x375)

ちょうど18時に暗転。大歓声。最初は薄暗いステージで彼の姿もよく見えず、ただ「しゃアない節」の歌声だけが聴こえる。おお、のっけから「しゃアない節」か~!
その後も新旧織り交ぜた名曲の数々を一緒に踊りながら大声で歌い、小さくしか見えなくても躍動する還暦過ぎのエンターテイナーの姿を眼に焼きつけ、力の抜けたMCに大笑い。
あっという間の2時間45分だった。すごかった。特に「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」から「波乗りジョニー」への流れでは鳥肌が。アンコール後の「スキップ・ビート」には完全にノックアウトされる。カッコいいとはこういうことなのだ。大満足。

IMG_7507 (324x500)

帰りに全員に配られたサイダーの缶にはサザンオールスターズのメンバーのシルエットと「See you in 2018」の文字が!これは来年はサザンの活動が見られるということか!
あぁ、やっぱりサザンのライヴにも行きたいなぁ。

 

君の名は

ORG_20160324000001 (354x500)

というわけで、旅先で観た新海誠監督『君の名は』。
新海誠作品は恥ずかしながら初めて観たので、それまでの作品からの流れなんかは分からない。セカイ系にリア充を持ち込んでこれだけの大ヒットになった、とか、いやそれでも美少女ゲーム的感覚はまだこの作品にも残っている、とか、はまぁ分かるような分からないようなレベル。
ただ観応えはとてもあった。それは監督がどのような出自でこの作品でどんな変身を遂げて、結果日本のアニメーションに新しい革命を起こした(それも事実だろう)というだけのものではなく、ダイナミックな演出に因るところが大きいと思う。何かのインタビューで監督自身も発言していた通り、観客をいかに飽きさせないかということは相当意識して作られているように思う。
今となっては既視感は避けられない入れ替わりやタイムループを、いかに魅力的に生き生きとした作品に仕上がられるか。annが観終わったあとに「よく分からなかった」と言っていたんだけど、それは裏を返せば入れ替わる人物や時間軸がパターン化されず、小学生の子供には理解しにくい程度に複雑化され、結果的に観客の目を離させないということに成功しているのだと思う。
またRADWIMPSの音楽もとても効果的。これほどまでに作品自体に貢献している音楽って、なかなかないんじゃないかなぁ。
観て良かった。けれど、先にこれを観ちゃって過去に遡って新海作品を観てみるべきなのか。まだ悩み中。

 

ディズニーワールド

これまた美味しい朝食を食べ(特に生野菜がシャキシャキで美味しかったなぁ)、出発前に記念撮影。

IMG_7454 (375x500)

とても良くしてくれたオーナー夫妻に別れを告げて、いざ秩父へ。

IMG_6130 (500x375)

長野や山梨から秩父って近いと思っていたんだけど、山を迂回するからか結構遠いのね。
でも昼前に無事到着。お昼にはやっぱり蕎麦を食べて、14時からの発表会は余裕。って思っていたのに…。
せっかくだからと人気の蕎麦屋に行ってみると、当然行列。ま、これくらいならと並んだんだけど、まったく回転しない。もう、全然っ先客が出てこない。どないなっとんねん!と、別の店へ。もうこの時点で14時には間に合わないこと確定。あぁ…。

15時くらいに会場に着くと、なんとギリギリ最初から観られた!良かった。
今回の演目は色んなディズニー作品をモチーフにした『ディズニーワールド』と『白鳥の湖』。Kがすっかりバレリーナらしくしなやかに踊っていて感心。Kのところは毎年発表会をしているので観るのは1年振りなんだけど、1年間での子供の成長のなんと利空強く速いことか。
そしてやっぱり僕はバレエの『白鳥の湖』の湖が好きだなぁと、改めて思った。シンプル白で統一された白鳥の衣装。たくさんの白鳥たちの舞。綺麗。

休憩時間にはannはアホこともして楽しんでいたけれど、

IMG_7456 (375x500)

IMG_7457 (375x500)

IMG_7458 (375x500)

やっぱり触発されたのか、終わったらロビーや駐車場で舞っていた。

Kちゃん、お疲れ様。在籍表彰やトゥーシューズ授賞式は感慨深かったよ。また来年が楽しみ。

IMG_7479 (375x500)

Kちゃんたちにバイバイして、日帰り温泉で食事して風呂入って家路につく。
楽しい旅だったなぁ。家族だとどこに行ったって何したって楽しい。

 

紅葉狩り旅

じゃらんのポイントもそこそこ貯まっていたし、長らく(ウチにしては)家族4人だけでの旅行にも行っていなかったので、今日から2泊で八ヶ岳~原村方面へ。明日は秩父の姪っ子のバレエの発表会があるので、旅先から直接向かうっていうのもあって。

まずは八ヶ岳高原大橋。
ネットでは見頃ってなってたけど、う~ん、まだそれほど…。それでも天気も良くって、景色もやっぱり素晴らしくて。

IMG_7345 (500x375)

IMG_7348 (500x375)

そりゃ走りたくもなる。

IMG_7349 (375x500)

IMG_6044 (375x500)

その後も買い物したりお昼食べたりしながら紅葉狩り。

IMG_6050 (500x375)

IMG_7353 (500x375)

IMG_7357 (375x500)

場所によってはとても綺麗。

夕方になり、まだペンションに向かうには少し早いってことで、体験工房へ。
annはステンドグラスと押し花体験。

IMG_6102 (375x500)

IMG_6108 (375x500)

allenはお皿への絵付け体験。

IMG_7425 (375x500)

絵は僕が描き、色づけをallenが担当。家でやってる方法と同じだね。allenもすごい集中力で、細かい部分も自分でやるって。とても上手に出来た。

IMG_7428 (375x500)

そこでも少し秋を楽しみ、ペンションに向かう。

IMG_7423 (500x375)

18時前にペンション到着。人の良さそうな夫妻が出迎えてくれる。
食事前にお風呂。結果、一番風呂でラッキー。

そして楽しみにしていた食事は期待通りにとても美味しく、美食家のannも大満足。「何時間も車に乗ってきた甲斐があった」とまで言うんだから。

IMG_6112 (375x500)

allenもたくさん食べて、オーナー夫妻の絵まで描いたら、なんとオーナー夫妻が貼り出してくれた。

IMG_7430 (500x375)

食後は談話室で『君の名は』とか観てリラックス。

IMG_6120 (500x375)

ペンションなので部屋はまぁ期待もしなかったんだけど、ま、こんなもんでしょう。
少し遊んで、眠る。

IMG_7453 (375x500)

おやすみ。

 

旧友、モーターショー、観覧車

先日、高校時代からの旧友が大学の同窓会のため関西から来ると連絡を受けていて、また別の友人が仕事で東京モーターショーに関わっているので、せっかくだからモーターショーで3人会うことに。

DSC09294 (500x333)

関西から来た友人Kとは高校1年生のときに一緒に東京モーターショーに来た。それから早28年だなぁ、なんて言って笑い合う。確かにみんな良いおっさんになったけれど、話すこと、会ったときの空気はあの頃と変わらない。だからこそ、ずっと友達でいられるんだと思う。

今回はせっかくなので家族で来た。annやallenがKと会うのは初めて。会わせられて良かったと思う。

DSC09298 (500x333)

ま、車の展示会なので最初のうちは子供たちもそこそこ飽きず。『カーズ』シリーズが好きなallenは普通の車よりもレースカーに興味津々。あまりなかったけれどね。

IMG_7277 (500x375)

あとは未来の車だとか、

IMG_7294 (375x500)

運転席に乗ってみたりだとか、

IMG_7302 (375x500)

レクサスのオーナーぶってみたりだとか。

IMG_7310 (375x500)

している内にやはり飽きてきたようなので、仕事に戻るIと同窓会に向かうKと別れて、毎年恒例の観覧車へ。

IMG_7327 (375x500)

乗る前に少し遊ぶ。

IMG_7329 (375x500)

IMG_7336 (375x500)

allenは「お花摘みたい~」だって。

IMG_7343 (375x500)

メルヘンな子だ。

旧友との再会、家族恒例行事と充実した三連休初日。

 

アウトレイジ 最終章

SAKUHIN014853_1 (500x332)

パパ友2人と北野武監督『アウトレイジ 最終章』を観にいく。
もちろん怒号と「痛い」暴力が飛び交った衝撃の『アウトレイジ』、やはり怒号と「淡泊な」暴力が飛び交う『アウトレイジ ビヨンド』の最終章だけれど、今回は怒号こそこれまでで一番かも知れないが、暴力はとても抑えられている。殺し方の百貨店とも言える前2作からすると、殺し方こそまたユニークではあるけれど「痛い」描写はなく、淡泊な銃による殺人シーンも淡泊であるが故の恐ろしさが感じられない。
なんというか、いかにも最後にまとめましたという雰囲気はどうしても否めないんだけれど、それこそが日本のヤクザ映画の終焉を匂わせるアイロニカルなオマージュになっていると言えばなっている。
ま、今回もばかやろう!コノヤロウ!ぼけぇ!といった怒号は楽しませてもらった。皆さん歳とったけれどね。あ、椎名桔平や中野英雄、加瀬亮、小日向文世といったパンチの効いた新鮮な脇役がいなかったせいかも知れないなぁ。大森南朋の演技はなんとなくたけしに気を遣ってるようで物足りなかった。そういった意味ではピエール瀧のキャラも残念だった。

 

地下室の手記

大人になってドストエフスキーの長編を読み直そう(あるいは初読もあるけれど)と思い立って早…。『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』と読んできて、ここで一旦『地下室の手記』を。

51Enp5CHcdL[1]

彼の後期の大作群へと向かう、「ドストエフスキーの全作品を解く鍵」とまで呼ばれる作品。そのためドストエフスキー研究においては様々な読解があるようだけれど、当然僕にはそんなことは出来ないので昔読んだときと今回との比較も含めた個人的感想を。
言ってみれば自意識超過剰で虚栄心の超高い40男が地下室に閉じこもり、世間や女性やリア充の友人やらを逆恨みして激昂するんだけれど、自意識のあまりの高さゆえにそんな自分を一歩引いて見て「可笑しすぎるだろ」とは自覚するものの、そんな自分を当然受け入れられず自分自身が引き裂かれるという。その演劇的(あるいは「朗読的」)とも見える主人公の自己完結の物語からは、それでもやはり「自意識」と「虚栄心」という、多かれ少なかれ誰もが持ってはいるけれど鬱陶しかったり面倒臭かったり恥ずかしかったり世間の目を気にしたりして目を背けがちな人間の本質に迫るものが突きつけられ、慄く。そのための過剰なのだろう。
20代で読んだ頃は慄きながらも、今よりもこの主人公に近い心情を持っていた(誰でも若いころは多かれ少なかれそうではないかな?)ためか、揺さぶられ、どこか共感して背中を押してくれるような気さえしたけれど、今読むとその過剰を突き抜けた喜劇振りと若かりし頃の自分の心情を少し笑って読めるくらいの心持にはなっていた。
さて、次は『未成年』の予定。少し間を置いて。

 

延期延期延期の末に

最初の予定の10月7日が雨のため14日に延期になって、14日だと社員旅行だから行けないじゃん!って思っていたら14日も雨で17日に延期になって、なんと17日も雨で今日になったallenの保育園の運動会。ま、今日も雨なんだけど…。今日はようやく近くの小学校の体育館を確保したらしく、今年は屋内で運動会。とにかくやれて良かったよ。ママは仕事で来れなくなっちゃったけど。

IMG_7167 (375x500)

前回からようやくやる気を見せ始めたallen、今年も笑顔を見せながら楽しそうに参加。

IMG_7203 (375x500)

リレーでは自慢の快速を披露できたし。

IMG_7207 (500x375)

楽しみにしていたパラバルーンも上手に。

IMG_7193 (500x375)

IMG_7191 (500x375)

IMG_7190 (500x375)

あまりに上手でビデオ撮りながら涙腺がゆるゆるに。あのallenが、こんなにたくましくやってるよ。

最後は恒例の記念撮影。

IMG_7185 (375x500)

IMG_7209 (375x500)

IMG_7186 (375x500)

いつもの仲良し家族の下の子たちのうちの1人が今年年長さんで今回が最後。来年はallenやRが最後だし、その次はRちゃんが最後だし…、って続々と連なって保育園を卒園していくんだなぁ、とか考えると感慨深くでまたも涙腺が緩む。

来年は念願の組体操だし、リレーはアンカーになれるといいなぁ。アンカーで走ってるallenとか見るともう号泣しちゃいそうだけど。

 

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
profile

telltell72

Author:telltell72
welcome!

archives
tweets
検索フォーム
counter